読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本から見たセカイ

主に読書を通じて見てくる世界をネタに記事にしてます。書評、雑記を中心に更新中!

本屋で買うか悩んだ本はすべて買うべき4つの理由!人生の基本です。

スポンサーリンク

 

みなさん。こんにちは。マエ☆コウです!

 

本屋に行って

「どうしようかなこの本、買うか悩むな〜」

って時ありますよね。

 

ぼくはちょっとでも欲しいと思った本は全て買うのをオススメします!

(破産しない程度に)

 

なぜ、ぼくが欲しいと思った本をすべて買うことをオススメするのか?

この記事で紹介します!

 

気になった本はすべて運命の1冊と思うべきだから

本の年間新刊発行部数は約8万点!

 

目の前にあって手にした本が、新刊であれば出会えた確率は8万分の1!

 

 

これって運命でしょ!

 

読書 本との出会い 運命 1冊 

しかも、手に取って「気になる」確率なんてさらに低い。

 

本屋に行くと

それはもう、膨大な数の本が置いてあります。

その中から、出会えた1冊はそりゃもう奇跡的!!

 

それを買わないなんて!

買わない選択肢が、生まれることが間違ってます。

 

読む、読まないなんて考えなくて良いです。

 

いつか読む機会が訪れます。

安心して購入しましょう。

 

結局買わなかったら、その本を目にすること今後一生ないから

 

これは、ぼくが予備校の河合塾に通っていた時に

現代文の講師に教えてもらったことです。

こちらの講師

国語担当:鈴木 慎一郎 | 講師紹介 | 高校グリーンコース | 関東・甲信越 | 高3生 | 大学受験の予備校 河合塾

 

懐かしの鈴木先生ですよ!!(誰もわからない

 

鈴木先生は授業中にこう言いました。

「買いたい本はすべて買う。これは人生の基本ですね。ぼくは将来、本に埋もれて死にたい」

 

大量の本 すべての本を買う 読みたい本

 

人生の基本は冗談?!かもしれませんが

今思い返すと、この言葉が身にしみます。

 

一旦、買おうとしたけど

買わなかった本って、今後の人生で手にすることも目にすることも

ほぼないからです!

 

ほぼないどころか、一生ないです。

 

それが、自分の人生を変える1冊である可能性もあるのに・・・・

めちゃくちゃ面白い内容かも知れないのに・・・・

 

 

本屋さんも生き残るのに必死で

平積みされる本から本棚に置かれる本まで入れ替わりがとても激しいです。

 

 

あの時あの場所で買おうと考えた本も

誰も立ち寄らないような本棚コーナーに追いやられます。

 

 

 

再び出会うことはまずない。

 

だから、買うか迷った本、気になった本は全て買いです!

これ、人生の基本ね。

 

 

どうでもよいですが

鈴木先生のbotがあったので貼っておきます笑

twitter.com

 

新しい本に出会う時が1番知的好奇心が高まっている時だから

なぜ、目の前の本を手に取ったのか

その本が目に入って足を止めたらから。

その本には自分が学ぶべき内容が書いてあるかもしれない

 

本を手に取ることは、

自分から新しい世界へ踏み出そうとしている瞬間

 

本との出会い 運命の1冊

その瞬間を自分から手放すなんてもったない!

1番知的好奇心が高まっているときを逃してはいけません!

 

 

よく受験参考書は買った時が1番やる気があるって言いますよね?

まさにその感覚です。

 

この感覚は貴重ですよ〜。

 

 

 

会社で働き始めてしまうと 

知的好奇心を高めようとする機会が少なくなってきてしまいます。

 

 

会社の仕事で、そんなことすら考える時間がなくなってしまう。

考える時間がないのに、

会社の上司からは勉強しろ!とかいう

頭の悪そうな指示がくる笑

 

押し付けられた勉強ほどつまらないものはない。

 

だから

自発的に本屋にいって知的好奇心を高める機会をたくさん得ましょう。

そして、自分の心に素直になって本を買ってどんどん読みましょう。

 

買ってすぐに読まなくてもその本を無性に読みたくなる時がいつかくるから

この精神を持っていると本を買うハードルが下がります。

 

いつか読む時が来るんですよ。

 

「いつかっていつだよ!」

 

 

いつかなんて知りません!

 

けど、ある時何かのきっかけで買った本を読もうと思う時がきます。

 

 

倉庫に置いておくとそのチャンスも訪れませんので注意笑

 

オススメは

机の上

トイレの中

浴室など

 

 

毎日、目に触れる場所に本を置いておくこと。

 机の上の本 目に入るところに本を置く

そうすると読みたいくなる時、本棚にあるその本が光って見えます!

これほんと!

 

光った時、それが読み時!

読み時に読む本の吸収率は高いですよ?!

 

 

この記事を書こうと思ったきっかけはあるエントリーを読んだから!

最後のこの記事を書こうと思った理由を書きます。

 

先日こんな記事がネットにあがりました。

 

www.satamasato.com

本屋に訪れるのもいいなってお話。

 

記事内から引用させてもらいますと

しかし今回は読みたい本も特に決めてなかったので、店内のいろんな本を見て回っていました。 するとこれがおもしろい。 普段あまり関心のないジャンルのコーナーも見ていたのですが、不思議と気になるタイトルがちらほらと目に留まります。 そんな本を手にとってみるのが、好きなんですよね。読む読まないは別にして、世の中の興味関心ごとがわかります。

 

そうなんです!

特に目的を決めずに本屋に行って関心ないジャンルに飛び込む。

 

目に入ってくる情報はすべて自分の頭にないもの。

これがめちゃくちゃ刺激的!

 

ネット上では味わえない感覚が本屋には広がってます。

 

そういう興味のないジャンルの本棚を見る時に限って

 

運命の1冊に出会っちゃうんですよ!

 

 

けど、この運命を逃す人って多いよね?

って思ったのがきっかけです。

 

終わりに

読みたい本はすべて買う!

 

人生の基本を今回は記事にしました。

 

この記事を読んで本屋に行った時は

ぜひ、読みたい本すべて買って見ましょう!

 

以上マエ☆コウでした。

 

関連記事

 

www.maekawa-koichiro.com

 

 

www.maekawa-koichiro.com

 

 

www.maekawa-koichiro.com

 

スポンサーリンク