【随時更新】村上春樹最新長編!『騎士団長殺し』の発売情報まとめ

スポンサーリンク

更新日:2017年1月31日

 

7年の時を経て、村上春樹さんが長編を出版します。

www.daily.co.jp

 

その名も、『騎士団殺し』

 全2巻で1巻が『騎士団長殺し 顕れるイデア編』

騎士団長殺し :第1部 顕れるイデア編

騎士団長殺し :第1部 顕れるイデア編

 

 

2巻が『騎士団長殺し 遷ろうメタファー編』となってます。  

騎士団長殺し :第2部 遷ろうメタファー編

騎士団長殺し :第2部 遷ろうメタファー編

 

 

 

村上春樹最新刊『騎士団長殺し』の発売日はいつ?

まずは、気になる発売日!

2月24日です!

いままで、様々な作家の新刊情報をキャッチしてきました。

その中でも絶大な信頼をおいているのがAmazonの発売日情報!そこに、2月24日と記載があるので、まずこの日で間違いないです。

 

この記事が投稿されてから1ヶ月後になりますね。

楽しみです。

 

『騎士団長殺し』の内容は?!

7年ぶりですから、どんな内容なのかが、本当に気になる!

というこで、Amazonの内容紹介を・・・・・

 

・・・・って!まだない!

ううう、気になる。

ここは、ハルキストたちを始めネットの民のお力を借りるしかない。

ダヴィンチニュースからは?

ddnavi.com

このタイトルに関して村上春樹ファンは「こ、これはすごい斬新なタイトル!」「“殺し”って入ってるってことはミステリ? ハルキスト&ミステリーファンとしては高まるタイトル!」「題名がRPGっぽくてそそる」と内容を想像しつつ期待に胸を躍らせているようだ。

Twitter上では?

 半官能小説って視点は面白いですね笑

騎士団長殺しってタイトルでこれがきたら笑うしかない!

 なるほど、村上春樹さんは一定のスパンで新作を出しているのがこのひとの分析。

妙に説得力がある図!しかも、『騎士団長殺し』の次の作品の年まで書いてあるということは、相当な自信?!ってか内容は!?

 

 うん。結論いうと、誰もタイトルから内容が読めないってことなですよね。

ハルキストたちやネットの民でも。

 

『騎士団長殺し』全2巻は何ページ?

これがですね、とんでもなく長いです笑

『騎士団長殺し 顕れるイデア編』が512P

『騎士団長殺し 遷ろうメタファー編』が544P

合わせて、1065P。

 

かなりボリューミー。これは、土日をかけて一気に読みきれるかどうかの量。

村上春樹が好きな人にはあっという間の幸せな時間になりそうですね。

 

『騎士団長殺し』の予約情報 

1月24日付のニュースで初版の発行部数が確定したそうです。

共同通信によると2巻それぞれ50万部。両巻合わせて、100万部!

すごい。

this.kiji.is

ちなみに、『1Q84』が初版50万部、『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』は初版30万部です。

 

これまでと同様、『騎士団長殺し』も予約状況によっては、増刷もありえます。なので、予約状況を確認してみましょう。

 

Amazonは、まだまだ予約状況に余裕がありそうです。ただ発売日当日に手に入るかどうかは不明です。

騎士団長殺し :第1部 顕れるイデア編

騎士団長殺し :第1部 顕れるイデア編

 
騎士団長殺し :第2部 遷ろうメタファー編

騎士団長殺し :第2部 遷ろうメタファー編

 

 

続いてHMV。

 HMVで購入するとなんとpontaポイントが20倍!これは魅力的ですね。

 

続いて、生協。

 学生には嬉しい!生協ではセット予約すると15%off!15%はかなり大きいですね。

2巻合わせて約4000円ですからね。普段本を読まないひとからするとなかなか手を出しにくい値段。

 

ポップが印象的だった大垣書店

 こういうおちゃめさがあるポップは良いですね。騎士団長村上春樹でしょうか。

実際の書店で予約するのもまた本を買う醍醐味の1つ!

 

村上春樹最新刊『騎士団長殺し』は買いか否か

日本が誇る作家ですから、そりゃ買いでしょ!

買って内容が面白くなかったら読むのやめれば良いので笑

初版各50万部ですから、かなり出版社側も自信があるんだろうなとぼくは踏んでいるので『騎士団長殺し』面白いんじゃないかと!

 

終わりに

まだ発売まで時間がありますから、情報が入り次第記事を更新します。

特に内容については、すぐにキャッチしたいですね。

『騎士団長殺し』 村上春樹 最新

 

 

関連記事

 

www.maekawa-koichiro.com

 

 

www.maekawa-koichiro.com

 

 

www.maekawa-koichiro.com

 

スポンサーリンク