読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本から見たセカイ

主に読書を通じて見てくる世界をネタに記事にしてます。書評、雑記を中心に更新中!

お客様は神様?鬼?漫画『本屋の鬼いさん』が面白い3つの理由!

スポンサーリンク

 

みなさん。こんにちは。シャドウバースにハマりかけたマエ☆コウです!

 

お客様は神様だと思え!

 

昔から言われている、この言葉。

 

みなさんは、働く中でお客様を神様だと思って接したことありますか?

 

「お客様だからといって、何しても許される時代は終わった!」そんな声が聞こえてきそう。

 

 

 

今回紹介する漫画は、まさに「お客様は神様」を体現してます!

 

とても面白かったので、感想を書きました。

その漫画がこちら!

 

『本屋の鬼いさん』著:ももたん 

本屋の鬼いさん1 (B's-LOG COMICS)

本屋の鬼いさん1 (B's-LOG COMICS)

 

 

本屋の鬼いさん2 (B's-LOG COMICS)

本屋の鬼いさん2 (B's-LOG COMICS)

 

 ※Kindle版あり

 

 

『本屋の鬼いさん』は書店が舞台の珍しいコメディ漫画

書店が舞台になっていて、コメディの漫画ってあまり思い浮かばない!

しかも、ただの書店じゃなくて鬼が経営している書店。

 

 

書店名は、九十九書店(つくもしょてん)。

 

この九十九書店に、訳あってバイトをすることになったのが主人公 初瀬桃太郎です。

 

初瀬桃太郎と鬼たちがどんな書店を作っていくのか?

本屋でのアルバイトはどんな感じなのか?を

笑いあり、笑いあり、笑いありの内容で伝えてくれます!

 

特に、笑えるポイントは初瀬桃太郎のツッコミ!

 

基本的に、人間の初瀬桃太郎が、このあと紹介するお客様や鬼たちの行動にどんどんツッコんでいきます。

 

マエ☆コウが1番笑ったのは1巻の第3話「POP王に俺はなる」です。

 

 

ツボったので、気になるひとは覗いてみてください。

 

お客様が神様、妖怪、たま〜に人間、書店員は鬼という設定がイカす!

 

「お客様は神様と思え」って言われたことありませんか?

 

もしくは、この言葉を見たことがありますよね?

 

ブラック企業大国日本を象徴するような言葉ですが、『本屋の鬼いさん』は本当に「お客様が神様」なんです。

 

 

例えば、キャラクターの1人大日如来!

 これの左が2番目のキャラクターです。

 

 

この大日如来が、九十九書店に初めて訪れのは『本屋の鬼いさん』1巻の序盤です。

 

大日如来さんが買いたい本が、BLジャンル!

 

「大日如来がBLwwww」ってなります

また、2巻では代表的な神様が集まって会議をする神G7会議が開かれたります。

 

 

お客様は神様だけでは、ありません。

 

妖怪やたま〜に人間も出てきます笑

「いや、てか設定がやりたい放題じゃね?ww」ってのが笑える。

 

 

一方で、書店員は鬼なわけですよ。

書店員は主人公初瀬桃太郎(人間)を含めて4人で3人は鬼

  • 最強の鬼!酒呑童子
  • 酒呑童子の片腕!茨木童子
  • 菅原道真公ゆえんの鬼!雷電

 

ちゃんと迷信として存在している鬼をモデルにしてるんですね・・・・。

 

 

 

「うん?あれ??」

 

 

気づいたひともいるかもしれませんが、鬼が経営してる書店に桃太郎って名前の人間がバイトに応募してくるんですね笑

 

日本昔話的には完全にアウトなこの両者ですが、『本屋の鬼いさん』の中では仲良く笑いありの関係を築いていきます!

 

キャラクター1人1人が個性を持ち、エッジが効いて読んでて飽きない

特に2巻から顕著なのですが、キャラクターがたくさん出てきて読み飽きないです!

キャラクター1人1人買う本や興味のあるジャンルが違う。

 

当然、神や妖怪が買う本ですから実在しない本も多くでてきます。

 

 

『本屋の鬼いさん』を読みながら、「こんな本が存在していたら売れるんだろうか?」みたいな想像も含ませることができて、楽しいですよ。

 

『本屋の鬼いさん』の表紙から伝わるハチャメチャ感

ブックデザインの紹介に移ります。

 

今回はマエ☆コウは珍しく電子書籍でこの漫画を読みました。

 

なので、表紙だけをご紹介します。

 

『本屋の鬼いさん』は2016年12月4日現在2巻までしか出てませんので、表紙も2つだけ紹介。

 

こちらが1巻で

 『本屋の鬼いさん』 1巻 感想 オススメ

こちらが2巻

 『本屋の鬼いさん』 2巻 感想 オススメ

 

なんだかハチャメチャ感伝わってきませんか?

今日の本から見たセカイ

お客様は神様?妖怪?漫画『本屋の鬼いさん』が面白い3つの理由!はどうでしたか?

気分を変えてコメディ漫画を読みたい人!

 

書店員として働いてる人には、特に読んでほしいですね!

 

『本屋の鬼いさん』から見たセカイ

  • 『本屋の鬼いさん』は本屋を舞台にしたコメディ漫画
  • 「お客様は神様」を体現して世界観が面白い!
  • キャラクターが豊富で読み飽きない

 

著者のももたんさんに注目しておきます!

twitter.com

 

以上マエ☆コウでした。

よかったら、はてなスター、はてなブックマーク、読者登録よろしくお願いします!

 

関連記事

 

 

www.maekawa-koichiro.com

 

www.maekawa-koichiro.com

 

 

www.maekawa-koichiro.com

 

スポンサーリンク