読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本から見たセカイ

主に読書を通じて見てくる世界をネタに記事にしてます。書評、雑記を中心に更新中!

Amazon『Audible』を1ヶ月使ってみて感じた4つのこと。結局紙の本に戻ってきた。

読書の準備

スポンサーリンク

みなさん

 

こんにちは。マエ☆コウです。

 

早朝の気温がひんやりとしてきましね。
ガンガンクーラー聞いてる施設ではちょっと半袖だと上着がないと
肌寒く感じるようになってきました。

 

本題に移りましょう。

 

 

 

 

 

耳で聴く本Amazon『Audible』って?

 

Amazonが出している『Audible』ってアプリ知ってますか?

 

www.audible.co.jp

 

Amazonが出している本を聴くアプリです。

 

f:id:ibn_shahr:20160912082310p:plain

 

昔から一部の本でこういった取り組みがあったものの
本格的にAmazonが参入してきました。

 

 


本は目で読むのではなくて
耳で楽しむと新しい刺激があって新鮮です。

 

どうやら1ヶ月トライアル期間があったので
『Audible』を使って見ました。

 

今回はAmazon「Audible」を使って感じたことを書いていきます。

 

 

 

歩いている時の読書時間が最適化される

 

待ちを歩いてる時はみなさん音楽を聞いていますが
Amazon『Audible』では音楽の代わりに本が聴けます。

 

 

 

電車の中で推理小説とか読んでて

 

 

「うお!犯人が明らかになるうう!やばい!」って時に
目的の駅に到着して

 

 

「だあああ!歩きながら読みたい!」ってなる経験ありませんか?

 

 

Amazon『Audible』では音楽感覚で本を読むことができるので
歩きながらでも、安全に本が聴けるわけです。

※使用の際は十分に周囲にご注意を。 

 

移動時間も本を聴くことができると
読書時間が最適化されて最高ですね。

 

読書家の人にとってはたまらない時間ですね。

 

 

  

音声速度1.5倍速がかなり効率的

 

これね!最高だよ!

 

1.5倍速でも心地よ〜く本が聴けます。
しかも、1冊聴き終える時間を大幅短縮できます。

 

等倍速ももちろんありますが、ちょっと遅いかな〜って感じ。

 

ぼくはイライラしました笑

 

なので基本的には1.5倍速をチョイスして聴いています。

 

1.5倍速なんか聞き取れんの?って思う人も安心してください。

 

聞き取れます!

 

 

 

本を読むスピードがどうにも速くならない人はいっそのこと

『Audible』を使ってみてください。

 

1.5倍速で聴くと実質的に速読と同じ状態になっています。

これで効率的に本を消化していくことできますね!

 

 

1.5倍速が速いと感じる人は1.25倍速もありますから、

1.25倍速を試してみるのも良いでしょう。

 

 

2倍速は早すぎて聞き取りが難しくなってきます笑

 

ローカル保存できるから通信料を気にしなくても良い

 

いまじゃ、もうローカル保存ができないサービスなんてないですね。
スマホに保存しておいて通信料を気にせず使える状態にしないと!

 

いちいちネットに繋がってたら速度制限気になって聴く気にもなりません。

またローカルに本を落としてくる時も Wifiに接続しておかないと危険

 

一気に10冊とか保存しようとすると
かなり通信料もってかれるはず。

 

 

おすすめはFlier版

 

1.5倍速を使っても
1冊まるまる聴くのに2、3時間かかります。

 

1冊本を読むのに2、3時間でイケるって相当なスピードなのはわかっていますが
隙間時間で聴いているとぶつ切りにならざるを得ず、文章のつながりが見えない

 

そこでぼくがおすすめするのはFlier版を中心に聴くこと。

 

Flierってのはビジネス書の要約サイトです。

www.flierinc.com

 

この要約版がアプリ内に転がっているのでそれを聴いてみましょう。

 

要約なので隙間時間で完結してくれることが多いです。
Flierも1冊10分で読めるという謳い文句があるので
『Audible』との相性は良好。

 

Audibleに慣れない人はまずこのFlier版をためしてみることをおすすめします。

 

 

なんだかんだマエ☆コウは紙に戻ってきました

 

けど、やっぱり紙に戻って来んだよね。

 

『Audible』の弱点って付箋だよね。

 

付箋が貼れないんだよ!!

 

 

本としての重要機能な外付けハードディスク機能が使えない。

なってこった。

 

www.maekawa-koichiro.com

 

 

だから『 Audible』で聴くのって小説とかが向いてます。

小説なら話の流れも記憶しやすいし聴きながら場面情景をイメージできて楽しい。
ハリポタを聴きましたが面白かったです。笑

 終わりに

 

Amazon『Audible』で聴くなら小説から!

 

ビジネス書系に手を出したくなったらまずはFlier版を読んでみると
Amazon『 Audible』の良さを感じることができるはず!

 

以上

マエ☆コウでした。

 

最近のおすすめ記事

 

www.maekawa-koichiro.com

www.maekawa-koichiro.com

www.maekawa-koichiro.com

 

スポンサーリンク