文系が理系脳を鍛えるのに最適!『Newton ライト』がまじでオススメ!

スポンサーリンク

あ~理系の本は難しくてわからない!もっと初学者向けの理系書はないのか!!

 

みなさん、こんにちは、筋肉痛で雨の中も走れなかったマエコウです。

 

かなり前に、こんな記事を書きました。

www.maekawa-koichiro.com

科学雑誌『Newton』がiPadアプリ限定で電子書籍を配信しているんです。

この『Newton』の電子書籍版が、フルカラーはもちろんのこと電子書籍としての特徴を活かして、科学実験動画を盛り込んだりして大変役に立つコンテンツなっています。

 

そんな科学雑誌『Newton』ですが、最近『Newton ライト』という雑誌を販売しています。

その『Newton ライト』が、まじで理系初学者にまじでオススメなので紹介したいと思います。

  • 文系だけど理系脳にしたいひと
  • 『Newton』を読んだけど挫折しそうなひと、挫折したひと
  • 手軽に安く最新の科学情報を入手したいひと

 

 

『Newton ライト』は『Newton』の人気記事が集まっていてお得!

読み切りやすいページ数で,文字数も少なく,価格もお手頃。 Newtonの人気特集をやさしく再編集した「Newtonライト」シリーズ

これまでずっと文系で理系科目に対して苦手意識があると『Newton』をいきなり読むのはハードルが高いですよね。

「『Newton』買ったのはいいけど、どこ読めばいいの?」とか「やっぱり理解できない・・・」とか。悩みはつきないと思います。

 

そんな悩みを一気に解決してくれのが、『Newton ライト』です!

『Newton』の中でも人気の記事を集めて、文系でもわかりやすく再編集してくれてます。

しかも、値段が定価で700円程度!

たった700円を払えば、『Newton』の人気特集をわかりやすく読み直せるなんて最高じゃないですか!!

ほんとうに文系でも読めるのか・・・?

読めます!

なぜなら、ずっと文系人間として育ってきたマエコウですら、読み通すことができました。

ぼくが購入したのは10月号の大宇宙の旅というやつです。

『Newton ライト』 オススメ 科学雑誌

Newtonライト 大宇宙への旅 2017年 10 月号 [雑誌]: Newton 増刊

Newtonライト 大宇宙への旅 2017年 10 月号 [雑誌]: Newton 増刊

 

文字数は、見開き1ページで約400です。見開きで原稿用紙1枚分の文字数ですから、読めそうじゃないですか?

見開きの残りの部分は、10月号ですと星や惑星のカラー写真で埋め尽くされています。

理科好きの小学生でも読めちゃう感じ!

 

ページ数は60ページですから、うすくてコンパクト!

寝る前に、ちょっと10ページ読んでも1週間で読破できますよ。

 

「これなら読めそう!」と思えてきたでしょ?

 

『Newton ライト』は刊行開始されたばかり

定期購読制の雑誌類は、バックナンバーが多すぎて追いつけないことがあります。別にバックナンバーなんか気にせず読めばいいのですが、マンガのように1巻から読みたい!感情に駆られるひとも多いのでは。

 

では『Newton ライト』は?というと、9月号の統計のきほんが初出!

Newton 9月号増刊 Newtonライト『統計のきほん』 (ニュートン別冊)

Newton 9月号増刊 Newtonライト『統計のきほん』 (ニュートン別冊)

 

 発売日は2017年7月18日でした!

なんと、まだ10月号と合わせて2冊しかでてないのです!2冊同時に買うと、コレクター魂が強い人であれば、充足感があること間違いなし!

 

安心ブランド『Newton』で科学の教養をつけよう!

理系雑誌はいろいろでてますが、『Newton』ブランドの信頼度は抜群です。新刊がでるたびに、最新情報が入ってくるので最高ですね。

おそらく『Newton ライト』を購入検討しているひとは、現在科学の教養をつけようとしているのではないでしょうか?

ネット検索もいいですが、こうした信頼たる情報がつまっている雑誌を買って勉強するのもわるいものじゃないです。正確な情報から、正確な知識と教養が大事!

 

さて、マエコウは今日も10月号を読みながら就寝したいと思います。

 

以上マエコウでした。

スポンサーリンク