教育ママ必見!『子どもの英語力は家で伸ばす』英語嫌いの子どもにしたいですか?!

スポンサーリンク

「今の時代は早期英語教育しないと!」、「うちの子どもなんて幼稚園生の時から英会話に通わせてるわ!」そのままいくと子どもが英語嫌いになりますよ?

 

みなさん、こんにちは。

インベスターZ19巻に興奮のマエコウです。

 

さて、今回は珍しく教育系の本をご紹介します。

その本がこちら!『子どもの英語力は家で伸ばす』著者:関正生

子どもの英語力は家で伸ばす 本物の英語が身につく最強の家庭学習法

子どもの英語力は家で伸ばす 本物の英語が身につく最強の家庭学習法

 

 

 

  • 子どもに英語教育をしたいお母さん
  • 子どもの英語力を伸ばしたいお母さん
  • 子どもの英語嫌いを治したいお母さん

 

 

早期英語教育は子どもに悪影響だった?!

また、一番の弊害は、そういった従来の「丸暗記英語」を幼少のころから押しつけられると、基礎を築けないどころか、英語嫌いになってしまう可能性が高まることです。

本書のはじめに書いてる内容です。

子どもに早期英語教育をしよう!と考えているお母さんは、ちょっと再考してみてください。

勉強には、勉強する本人の意志が必要です。本人が学びたいと意志表示をしてないにもかかわらず、英語を幼いうちから教えつけることは英語嫌いになること間違いなしです。

「けど、、、中学から英語じゃできるように」と怖くなる気持ちもわかります。

しかし、早期英語教育をした子と一般的に中学1年生から英語をはじめて勉強した子では大差違いがありません。

 

実際に、ぼくもはじめて英語に触れたのは中学1年生のときで、英語の偏差値は最大で75までいきました。学歴としては慶應義塾大学にも入学できました。帰国子女のひととか小さい頃から英語を勉強してたひとよりも英語はできるようになりました。

 

また、著者の関正生いわく、早期英語教育をしてきた人の方が、大学受験に向かうにつれて英語の成績が下降していく生徒を多く見てきたそうです。

著者の関正生さんもTOEIC990満点を取るほど、圧倒的な英語力を持っていますが、英語に振れたのは中学生からです。

 

焦らず、子どものほうから「英語を勉強したい!」と思わせる環境を整えて、早期英語教育が悪影響にならないようにしましょう。

子どもの英語力は家で伸ばせる!

本書の最大の特徴は、子どもをどうしたら英語好きにさせることができるのか?どうすれば子どもの英語嫌いを救えるのか?のヒントが随所に散りばめられてる点です。

特にその中でも、脱暗記英語は必見です!章でいうと、2章にあたります。

この章では、中1から中3の子どもからよくある質問を50個取り上げ、答えとして暗記をできるだけ避けた、英語の解説を与えてくれてます。

 

例えば

  • なぜ、Iだけ必ず大文字なの?
  • 三単現sって何なの?
  • 英語の発音とスペルがあってない!
  • aとtheの違いがわからない

こういった何気ない疑問を理由づきで論理的に本書で答えてくれています。 

子どもたちの質問に答えることができますか?答えられないのであれば、本書をぜひ読んでみましょう!子どもにもわかりやすく説明できるようになりますよ!

親が責任を持って英語の本質を少しでも理解しておく!

つまりは、子どもが持つ好奇心をどれだけ親が刺激できるか?がポイントです。

その好奇心に対して、うえから「とにかく覚えろ!」とか「暗記するしかない」と返答するのはナンセンスですよね?

子どもからの質問なんだから、ちゃんと理由をつけて納得させたというのが親の本音ではないですか?

だから、親がどれだけ英語の本質を捉えて理解して説明できるようにするかかがとても重要なんです!

本質を捉えた説明ができれば、きっと子どもはもっと英語を勉強したい!と自らの意志で動いてくれるでしょう。

ところで、関正生さんって誰?

関正生と言えば、リクルートの教育サービスの1つスタディサプリで人気No1の英語講師です!

twitter.com

大学受験参考書からTOEIC問題集までその著書は約40冊にも及びます。

見て分かる通り、超1流の英語講師です!

そんな方が、子どもの英語教育について語ったのが本書の『子どもの英語力は家で伸ばす』です。とにかく説得力がすごいので、一読のアリです。

子どもの英語力は家で伸ばす 本物の英語が身につく最強の家庭学習法

子どもの英語力は家で伸ばす 本物の英語が身につく最強の家庭学習法

 

 

早期英語教育を子どもにするなら、親が徹底的にフォローする!

早期英語教育をすることは、諸刃の剣。子どもが英語好きになることもあれば、子どもが英語嫌いになって逆効果になってしまうこともあります。

しかし、英語嫌いになるまえに、親が子どもに対して適切にフォローをしてあげれば嫌いになる可能性、英語好きになる可能性が高まります!

 

この記事で紹介した、本書の内容はごくごく1部です。もっと、子どものために英語の本質を知りたいママさんは手にとって熟読することをオススメします。

子どもの英語力は家で伸ばす 本物の英語が身につく最強の家庭学習法

子どもの英語力は家で伸ばす 本物の英語が身につく最強の家庭学習法

 

 

  • 英語を早期に学ぶことは諸刃の剣
  • 英語嫌いになるまえに、子どもに英語の面白さを伝えよう
  • 英語の本質を理解できれば、英語を楽しく感じる!

 

以上マエコウでした。

 

スポンサーリンク