本から見たセカイ

主に読書を通じて見てくる世界をネタに記事にしてます。書評、雑記を中心に更新中!

天才翻訳家青木薫さんが訳した文系でも分かるオススメ理系書5冊!

スポンサーリンク

 

みなさん。こんにちは。マエ☆コウです!

 

文系が理系の本を読むのって難しいですよね?

 

難しいどころか、そんな本に手を伸ばそうとも思いませんよね?

 

ただ、せっかくの人生ですから頭良くなりたいじゃないですか!!

 

博識ぶりたいじゃないですか!

 

文系だからって文型の学問だけ勉強するような、思考が閉ざされた人に

なりたくないじゃないですか!

 

さぁ

勇気を出して青木薫が翻訳した理系本を読んでみよう!

いままでの理系本の概念が覆ります。

青木薫 翻訳 本 まとめ

 

 

絶対読んでおくべき『暗号解読』

この『暗号解読』という本は

ホリエモンさんが『新世代CEOの本棚』で絶賛しています。

 

新世代CEOの本棚

新世代CEOの本棚

 

 

 

とくに『暗号解読』は、現代人に最低必要な教養です。僕たちの社会は暗号で成り立っているからです。インターネットのセキュリティも、全部暗号の世界ですから。

 

暗号って言うと

何だかPCの前でキーボードをカタカタと打っているハッカー的なイメージを

持つ人が多いです。

 

しかし、それは現代の話であって昔の暗号はもっと別物。

 

例えば、カエサル暗号があります!

カエサル暗号はとてもシンプルです。

 

本来伝えたい英文のアルファベットを3文字分ずらして暗号化を行う。

 

これがカエサル暗号です。

 

I HAVE A PEN!をカエサル暗号で暗号化してみると


PPAP Pen Pineapple Apple Pen

 

 

L KDYH D SHQとなります。

 

わかりますかね?

 

単純にAから3文字ずらしてDにしました。

 

I HAVE A PEN!がL KDYH D SHQになるって3文字ずらしただけでもすごい効力!

すごい暗号感でてますよね!

 

こんな感じで実際の暗号を元にして暗号の歴史を紐解いていく。

それが『暗号解読』という本になります。

 

暗号解読〈上〉 (新潮文庫)

暗号解読〈上〉 (新潮文庫)

 

 

 

暗号解読 下巻 (新潮文庫 シ 37-3)

暗号解読 下巻 (新潮文庫 シ 37-3)

 

 

数学者の苦悩に戦慄する!『フェルマーの最終定理』

まずフェルマーの最終定理の説明から。

フェルマーの最終定理とは、3以上の自然数 n について、x^n + y^n = z^n となる 0 でない自然数 (x, y, z)の組が存在しない、という定理のことである。フェルマーの大定理とも呼ばれる。 フェルマーが驚くべき証明を得たと書き残したと伝えられ、長らく証明も反証もなされなかったことからフェルマー予想とも称された。

引用元:フェルマーの最終定理 - Wikipedia

 

つまり、三平方の定理の2乗の部分を自然数3以上する。

 

そのときに満たすXもYもZも存在しないってことですね。

 

ポイントは引用の最後の1分!

フェルマーは驚くべき証明を得たと書き残した。

 

フェルマーは1670年版の論文の最後に証明を思いつた!と書いただけで

そのまま死んじゃったんですよ!

 

で、一見簡単そうなこの問題に多くの数学者が挑んだ結果。

 

 

 

360年もの間誰も解くことが出来ませんでした!!

 

360年ってやばいですよ?

 

 

2016年に108年ぶりワールドシリーズを優勝したカブスなんて

相手になりませんな!

 

 

そんなフェルマーの最終定理について、そしてこのフェルマーの最終定理を証明した

アンドリューワイルズにフォーカスしたのが

この『フェルマーの最終定理』という本。

 

アンドリューを始め多くの数学者が

この『フェルマーの最終定理』の難易度の高さに悩まされます。

命を落とす者も・・・・・。

 

フェルマーの最終定理 (新潮文庫)

フェルマーの最終定理 (新潮文庫)

 

 

青木薫の最新刊!『数学者たちの楽園』

こちら『数学者たちの楽園』はちょっと異色!

 

数学者にフォーカスしていません。

あるアニメにフォーカスを当てています。

 

 

そのアニメがアメリカで大人気のザ・シンプソンズ!

ザ・シンプソンズ 『数学者たちの楽園』

引用元:お高い値段でレゴになった「ザ・シンプソンズ」の家(動画あり)|WIRED.jp

 

実はこのザ・シンプソンズというアニメには数学のエッセンス

めちゃくちゃ詰まっているんです。

 

特に興味深かったものに関しては記事にしてあるので

ぜひ、『数学者たちの楽園』の書評を読んでみてください!

 

www.maekawa-koichiro.com

 

 

数学者たちの楽園: 「ザ・シンプソンズ」を作った天才たち

数学者たちの楽園: 「ザ・シンプソンズ」を作った天才たち

 

 

 

宇宙の形を証明するポアンカレ予想を描く『完全なる証明』

ポアンカレ予想って知ってますか?

 

ポアンカレ予想は簡単に言ってしまうと

宇宙の形が丸いかどうかを証明してみよう!ってものです。

 

数学っぽく言い換えると

ポアンカレ予想とは、数学(位相幾何学)における定理の一つである。3次元球面(英語版)の特徴づけを与えるものであり、定理の主張は単連結な3次元閉多様体は3次元球面 S3 に同相であるというものである。

う〜ん、意味がわからない!!

 

こんな意味不明なポアンカレ予想ですが

ある人物が証明しちゃいました!

 

その人物こそ『完全なる証明』の主人公グレゴリー・ペレルマンです!

まぁ天才中の天才なのですが・・・

 

ポアンカレ予想の証明で賞金100万ドル日本円にして1億円を貰わずに

消息不明に笑

 

そんなグレゴリー・ペレルマンの障害を書いている面白い本です!

 

完全なる証明―100万ドルを拒否した天才数学者 (文春文庫)

完全なる証明―100万ドルを拒否した天才数学者 (文春文庫)

 

 

宇宙論をここまで分かりやすく?!『宇宙はなぜこのような宇宙なのか』

今までの本は青木薫さんが翻訳していたものですが

『宇宙はなぜこのような宇宙なのか』は青木薫さんが書いたもの。

 

翻訳本で文系でも理解できるレベルで

日本語が上手なので、絶対に分かりやすい本に決まっている。

 

実際に読んでみましたが、予想通りです。

 

しかも新書なので、さらっと読める。

 

青木薫さんの本に手を伸ばしづらかったら

この『宇宙はなぜこのような宇宙なのか』を青木薫入門として

読んでみると良いかもしれません。

 

宇宙はなぜこのような宇宙なのか――人間原理と宇宙論 (講談社現代新書)

宇宙はなぜこのような宇宙なのか――人間原理と宇宙論 (講談社現代新書)

 

 

終わりに

まだまだ青木薫さんが翻訳した本、書いた本はたくさんあります。

 

ぼくもまだ読めてない有名どころの本があるので、どんどん読んでいきたい!

 

どれも面白すぎて夢中になって時間かかるのが難点笑

ゆっくり読んでいきましょう。

 

以上マエコウでした!

スポンサーリンク