読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本から見たセカイ

主に読書を通じて見てくる世界をネタに記事にしてます。書評、雑記を中心に更新中!

『罪と罰を読まない』を読んで『罪と罰』の感想を語れる人になろう!

スポンサーリンク

みなさん

 

こんにちは。マエ☆コウです!

 

 

YouTubeに動画をアップしました!


有名作家も『罪と罰』は読んでない?!『罪と罰を読まない』を紹介!

 

紹介した本はこちら! 

 

 

 

内容はもちろんのこと!
装丁も非常にオシャンティになっているので要チェックですよ!

 

 

 

 

  

 

罪と罰』を読んでなくても読める?


読めます。


この本の趣旨は『罪と罰』を読まずに読書会を行うことにあるからです。
読書会の参加者は4人

 

 

ほぼ全員『罪と罰』を読んだけど
内容は忘れたもしくは読んだことがない人たちです。

 

つまり、読者も『罪と罰』を読んでいなくても問題ありません!

 

 

 

 

有名作家たちが集まる読書会ってくそほど面白そう

 

はい。めちゃくちゃ面白いです。

 

 

動画内でも触れていますが
さすがプロということで1文から読み取ろうとする情報量がすごいです。

 

舞台となっている場所、登場人物のキャラ設定、ストーリー・・・。

 

そこまで深く1文を考察できるのかと自分の感性のなさを恨みますよ、ほんと。

 

 

読書会の中で
罪と罰の話を予測するシーンがあるのですが
そこもたまらんのです!


どのように、たまらないのかは動画内で熱く語っています!


有名作家も『罪と罰』は読んでない?!『罪と罰を読まない』を紹介!

 

 

罪と罰を読まない』は装丁がおしゃれ

 

 

シンプルな装丁かと思いきや
カバーの紙質は和紙のような肌触り。

 

 

ちらっと見える影絵は4人の小説家を表しています。

 

 

 

カバーを外すと真っ赤な表紙が現れます。

 

 

う〜ん!なんで真っ赤なんだろうか。

 

罪と罰』っぽさを出しているのか!
ダークレッドでシンプル。

 

ここでこの本の装丁のオシャレ感が出ている箇所があります!


それは・・・・・・。

 

 

 

 

ぜひ動画の後半で!語っています!

 

 

終わりに

 

タイトルを見た瞬間に購入を決めた1冊。
作家たちもさることながら『罪と罰を読まない』って!
作家なんて有名な小説をほぼ目通して当たり前だと思い込んでいました。

 

※こちらはサムネイル画像です

『罪と場を読まない』感想動画

 

この本の内容は読書会でした。
実はRead For Actionも読まない読書会をやっています。

 

 

www.maekawa-koichiro.com

 

読んだことがない作品を題材にして読書会を行うスタイルはそっくり!

 

ここに参加してから読み直すとまた別の味が出てくるかも!

 

以上

マエ☆コウでした。

 

スポンサーリンク