読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本から見たセカイ

主に読書を通じて見てくる世界をネタに記事にしてます。書評、雑記を中心に更新中!

フランス警官に銃口を向けられた話。ヨーロッパ海外旅行中スリに会った時に注意すべきたった1つのこと。

スポンサーリンク

みなさん

 

こんにちは。マエ☆コウです。

 

結構前に水曜日のダウンタウンで「マジで死ぬかと思ったエピソード誰でも1つは持っている説」という企画がやっていました。

 

halohalo-online.blog.jp

 

感想を言うとめちゃくちゃ面白かったです笑

 

まだ観てない人は観てみると良いです。

 

 

 

 

で、マエ☆コウは死にかけ経験あんの?

 

結論から言うと

 

 

あります。

 

ほんとうに死にかけた経験があります。

 

番組内で1番多かった、交通事故系だったのですが
ぼくの経験は一般的ではありません。

 

 

どんな死にかけ経験あるわけ?

 

舞台は日本ではなくフランスです。

 

ぼくは大学4年生の夏にヨーロッパを1ヶ月かけて周遊していました。
フランスにはドイツから電車で入国。

 

フランスに向かう車内で友人とこんな会話をしていました。

 

友A「フランスってよく地下鉄がストライキで運行中止になるよww」

ぼく「えwwまじでwwそれはやばいwまぁ大丈夫っしょ」
友A「だよなww」

 

アホみたいな会話です。

 

そして
パリに到着しました。

 

その日は夜遅かったため観光をせずにそのままホテルに向かう予定でした。

 

ホテルに向かうには地下鉄を乗継していかないといけません。

 

ここで大問題発生。

 

 

 

まじでストライキで地下鉄が運行中止してやがる・・・・・。

 

実際に乗りたかった地下鉄の改札に向かうと
改札前にこんな人たちが2人いました。

 

 

 

 

 

普通の頭脳の持ち主の読者であれば、引き返すことでしょう。

 

 

 

た〜だ!

 

 

 

ぼくは違いました。

 

何を血迷ったか
改札前にいる警察官はスリ目的で仮装をしている偽物の警察官だと思いました。

 

ぼく「でたwwスリ目的の偽物の警官wこのまま突っ込む」
友A「え・・・・。違うだろ・・・・」

 

 

ぼくは突き進みました。
自分の考えが絶対に正しいと。何の根拠もないのに

 

案の定、警官の横を通りすぎてもぼくを見つめるだけでした。

 

ぼく(ほら。言ったとおり。やはり偽物か)

しかし、改札に切符をかざしても反応しません。

 

ぼく(あれ・・・・)

 

そう考えたと同時に後ろから友Aと2人の警察官が同時に叫んできました。

 

友A「おい!まじで帰って来い」
ぼく(え?)

フランス警官「おい!止まれ!このくそアジア人が!手を上げろ!撃つぞ!」(妄想訳)

f:id:ibn_shahr:20160908074319j:plain

引用元:bttc.European Law Enforcement&military shop:フランス警察特殊部隊関連

 

 

ぼくは血の気が引きました笑

 

だって今まさに警察官が

ぼくに銃口を突きつけて引き金を引こうとしてる。

 

ぼく(やばい!殺される!)

 

ぼく「そーーーりーーーー!そーーーりいいいいいいい!」

手を上げて、Sorryを連呼しつつ改札から遠ざかり
友Aの元へ戻って行きました。

 

まぁ

こうしてブログを書いているので生存できてます。

 

 

人生で初めて銃口を向けられました。

 

人間死ぬ瞬間はSorryしかいえませんね。

 

 

 

なんで警官いるのに突っ込んだんだよw

 

確かにそうなんだ!
しかし、ぼくにも事情があったんだ!

 

この事件の数日前
実はハンガリーのブタペストに滞在していました。

 

朝9時くらいでしょうか。ブダ城に向かっていたわけです。
この日は友人とは別行動をしていて1人だったわけです。
(別に喧嘩とかではありません笑)

 

 

そしたらですよ。
警官のコスプレした人がぼくに話しかけてくるわけですよ。

 

ニセ警官「おい!アジア人!ブタ城に向かいたんだろ?
じゃあパスポート見せろ!」(妄想訳)

 

ぼく「え?何??おれなんかした?」

 

ニセ警官「はやくパスポートをみせろ!安心しろ俺は本物の警官だ!」
ニセ警官は警察官証明書みたいなのを見せてきました。

 

 

まぁ偽物なんですけどw

 

結果として、明らかにおかしいかった
と言うより、パスポートを出すためにかばんを開けた時に財布を盗んでいくという
定番中の定番みたいなスリに引っかかりそうになったわけです。

 

ダッシュで逃げました。過去に類を見ないぐらいに速く。

 

ここでぼくは思ったわけです。

 

ぼく(海外旅行に出会う警官はすべて偽物と思おう。

それぐらいがちょうどいい)

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

 

ストライキとか本当に起きるわけ無いだろww」

→「ほんとうに改札前に警官いるww偽物乙ww」

→銃口つきつけられる

 

 

旅行中スリに会いたくないといえど全ての人を疑うのはやめよう

 

そう。

 

いくらスリにあいそうになった経験があったとしてもすべての人を疑い始めると
ぼくみたいに銃口つきつけられるかもしれないので

 

 

絶対にやめてください!
もう1度言います。

 

 

 

絶対にやめてください!

 

 

 

終わりに

 

今となっては笑い事、良き思い出になってますが、撃たれてたらやばい。
想像するに脚とか撃たれてたかもしれませんね。

 

友Aよ、ありがとう笑

 

軽めの記事にするつもりが2000字越えててやばいですね。

 

ここまで読んでくれた人ありがとうございます!

 

以上

マエ☆コウでした。

 

よかったら、はてなスターはてなブックマーク、読者登録よろしくお願いします!

スポンサーリンク