本から見たセカイ

主に読書を通じて見てくる世界をネタに記事にしてます。書評、雑記を中心に更新中!

え?ポケモンGOって所詮こんなもんなの?アップデートに期待!

スポンサーリンク

みなさん。

こんにちは。マエコウです。

 

すごいですね。

ポケモンGO

f:id:ibn_shahr:20160724105252j:plain

 

僕が住んでる場所は相当過疎ってる気がしてましたが、
夜に散歩(ポケモンGO)しに行ったら徘徊してる人がたくさん!!(ブーメラン

 

 

なんなんだこの影響力は??

 

 

鶴舞公園がすごいことになってたらしいです。

 

他にもTwitterで毎日のようにポケモンGOネタが。

 

 

 

どうやら悲鳴も聞こえてくる。笑

 

 

みんなスマホに夢中。よく言われてますが地域活性化に役立ちますね。
一過性のものになりそうな予感がプンプンします。

 

 

 


さてさて
今回は簡単にポケモンGOをやってみて
興奮したことと残念なことにわけて記事を書いてみました。

 

 

 

興奮したこと

 

僕は20代でポケモンに初めて触れたのは小学生の時。
ポケモンGOに出てくるポケモンラインアップを見たら気付きました。

 

 

これは俺達の世代を狙ってる!!!!

絶対そうだ!!


初代赤緑青のポケモンしかいないじゃないか!!!!!!!

 

 

ポケットモンスター  赤

ポケットモンスター 赤

 

 

 

ポケットモンスター  緑

ポケットモンスター 緑

 

 

 

ポケットモンスター  青

ポケットモンスター 青

 

 

 

ポケモンは大人のゲームだ!ちびっ子は帰りたまえ(^o^)(黙れ 

 

 

 

とにかく小学生の時はわくわくしました。

あのワクワク感の正体がポケモンGOによって明らかになりました。

 

 

そうあの時感じていたワクワク感は


モンスターボールを投げてポケモンが捕まるのか捕まらないのか!!のあの数秒間!!

 

そして

 

ポケモンがレベル上がった時に新しい技を覚えるのでは?!?!という期待
であったことが分かりました。


ポケモンGO最高です。

 

 

リアルの世界にポケモンがARで現れてモンスターボールを投げる。

 

 

そして、ポケモンをゲットできるかできないか。
鼓動が鳴り止みません。

 

 

 

自分の欲しいポケモンが手に入った時に叫ぶんです。

 

 

 


ゲッちゃあああああああああああああああああああああああ!!!
と。
(叫ばない)

 

 

残念だったこと

さきほどのワクワク感のもう1つ


新しい技を覚えるか否かは残念ながら感じることはできませんでした。

 

 

 

レベル上げにはふしぎなアメとほしのすなというものが必要でそれを与えさえすればレベルが自動的に上がります。

 

 

 

う〜〜ん。なんか味気ない。なんだろう。

 

 

僕が大人になっちゃった??!?!(黙れ

 

 

スマホゲーム初めソシャゲの類をほとんどやったことがなかったので違和感を感じるだけなのでしょうか。

 

 

これが普通?か。

 

 

ただあの頃のワクワク感はないです。

 

せっかく現実世界がフィールドになっているので対戦要素を追加して欲しいですね。

 


いちいち立ち止まらなくても自動的に野生のポケモンとのポケモンバトルが行われて経験値が溜まってくというシステムならそんなに難しくないはず。

 

 


ポケモンGOには対戦要素としてジム戦が搭載されています。ジムに指定されている場所まで行ってポケモンバトルができます。

 

 

しかし、そのジムに君臨してるポケモンのレベルが高すぎて・・・・。

 

勝てない笑

 

まだ配信始まって数日なのになんなんだこの格差は・・・笑

 

 

ポケモンバトルが楽しめないと

 

 

ただのポケモンを取る機械と化す全人類。


モンスターボールだけを集めるモンスターボールマニアになる全人類。

 

まとめ


アップデートするのであれば、対戦要素を拡充して欲しいです。
またポケモンの種類も今後増えていくんでしょうね。

やりこんでる人はもうポケモン図鑑コンプリートしてそうですし。

 

 


さぁブログも書き終えたしポケモンGOやりにいこう←

 

 

終わり

 

人気記事

 

ibn-shahr.hatenablog.com

 

 

ibn-shahr.hatenablog.com

 

 

ibn-shahr.hatenablog.com

 

スポンサーリンク