本から見たセカイ

主に読書を通じて見てくる世界をネタに記事にしてます。書評、雑記を中心に更新中!

舛添都知事、パリの夜10時より東京の夜10時のほうが優秀だよ。

スポンサーリンク

みなさん

おはようございます。マエコウです。


今回は非常に気になる記事があったので紹介。


それはこちら。



舛添都知事が書いた記事のようですね。

どうやら東京はパリと比較して夜10時以降のエンターテイメントがなく、それが原因で東京の魅力を消してるとか。


本当にそうか?笑


まずパリの夜10時以降は確かに賑わってる。エンターテイメントも充実してた様子だった。
(僕が行った時2014年のシャンゼリゼ通りとか全く賑わってなかったけどw)

ただ東京と比較するとしたら、パリなんかよりも東京の方がむしろ夜10時以降なんて比較にならないぐらい賑わってる。


舛添都知事は飲食店が早くに閉まってしまうと言っているが、探せばお洒落でエンターテイメントが楽しめる飲食店なんて銀座とか六本木のような都会の中の都会を探せば腐るほどある。

ましてやVIP中のVIPが行くお店もあるはず。

しかも、東京は世界有数の大都市でありかつ不夜城に加えて治安や安全性が抜群に良い。


正直一般の日本人旅行客がパリの夜10時以降に外でどんちゃん騒いでる姿は想像できない。
ぶっちゃけ怖い。

男の僕が感じるのだから女性だけならなおさら。

一方で日本なら女子だけでオールしたってどこにいこうが不安を感じる場所なんて少ないんじゃないか。



終わり。



スポンサーリンク