読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本から見たセカイ

主に読書を通じて見てくる世界をネタに記事にしてます。書評、雑記を中心に更新中!

司令官の休息:『本音で生きる 一秒も後悔しない強い生き方』を読んでみて。

速読ぼん

スポンサーリンク

みなさん

こんにちは。マエコウです。

 

暖かくなったと思ったら今日は雨で極寒。

未だに甚平が離せません。

 

今回は司令官の休息です。

 

書くことを毎回考えていると滅入ってしまうこともあるので

その時は司令官の休息というタイトルで感じたことをつらつらと書いていきたいと思います。

 

最近気になったニュースといえば真っ先にコレが頭に浮かびます。

gigazine.net

 

これはかなり期待できるのではないでしょうか。

すべての人が環境さえ整っていれば情報を発信できるのがインターネット。

そうなると、信頼性という面で不透明な部分が出てきてしまうことが良くあります。

当ブログもその1つであることを痛感して、できるだけ正しい情報を載せていきたい所存でございます。

 

さてさて

なぜ、いきなりニュースの話を出したかというと

最近こちらの本を読みました。

 

本音で生きる 一秒も後悔しない強い生き方 (SB新書)

本音で生きる 一秒も後悔しない強い生き方 (SB新書)

 

 堀江貴文さんの『本音で生きる 一秒も後悔しない強い生き方』

 

帯にホリエモン的人生の使い方と書いてあります。

まさに僕がはっと息を呑んだ箇所が複数ありました。

今回は

その中でも自分が実践して成長を感じた部分を紹介します。

 

情報は質より量である

まさにこの言葉。

堀江貴文さんのツイッター@takapon_jpをフォローしていると感じるのですが

堀江貴文さんの情報収集の多さに驚嘆します。

 

彼は気になったニュースに日々1言コメントを加えてツイッターのTLに流していると思います。

それはもうすごい量です。

 

 

 

本書を読む前

ホリエモンはすごいな〜こんな情報どこで仕入れるんだろう」と、とんだ勘違いをしていました。

堀江貴文さんが行っている情報収集の仕方はスマートフォンを持っている人なら誰でもできることだったんです。

 

つまり、ニュースキュレーションアプリを使ってそれをTLに流していただけ!なのです。

例えば、Newspicks、スマートニュース、Lineニュース、Antennaなど。

 

彼は5分などの隙間時間を使って情報収集を徹底してやっていたのです。上記のアプリを使って。

 

僕はなるほどと思ったと同時に自分の甘えに気づかされました。

 

情報を自分で取りに行かない甘え。

なんて無知で馬鹿なんでしょうか。

こういう人をきっと堀江貴文さんはアホというのでしょうね。

 

本書を読んだ後

僕の行動は変わりました。

まだ完全に習慣化されたわけではありませんが、

できるだけ隙間時間を見つけては、キュレーションニュースアプリを使って気になったニュースに、コメントをつけて情報を発信するようになりました。

 

堀江貴文さんはおそらく僕とは桁が違う量の情報を取得しているはずです。

 

せめて、情報収集ぐらいは堀江貴文さんに追いつきたいですね。

努力さえすればいいのですから。

 

注意

たくさん情報を見ているとどれが正しい情報か間違っている情報かが分からなくなってきて悪影響だ!!という人がいます。

堀江貴文さんは情報をシャワーのように浴び続けろ!と言っていて僕はこちらを実行しています。

シャワーのように浴びていれば情報へのアンテナが鋭くなり、いつしかどの情報が良いモノでどれが悪いモノなのか判断がつくようになるからです。

 

まずは量を浴びる。質は量によってもたらされるんではないでしょうか。

 

行動変化の結果

 

今までにない感覚が僕の頭に襲ってきます。

あのニュースとこのニュースつながりがあるな!

とか

TVを見ていてもこのニュースもう見たな。と思う回数が爆発的に増加しました。

 

そして

何より。

情報弱者と情報強者の違いが目にとるようにわかってきました。

 

簡単なことで

ちょっと誰かと会話しただけでわかりました。

最近の変化で少し偉そうですが

「え、このニュース知らないのか・・・」と感じることが異常に多くなりました。

ほんの1、2か月前までは情報弱者側だったわけですが

こんなちょっとのことで変わります。

 

皆さんも是非チャレンジしてみてはどうでしょうか。

 

 

スポンサーリンク